eお薬手帳

「eお薬手帳」は、紙のお薬手帳と同じようにつかいます。
紙も電子も、同じ目的のお薬手帳です。
使いやすい・持ちやすい手帳を携帯しましょう。

電子お薬手帳の使い方

  1. 受付で電子お薬手帳を使っている旨をお伝えください。
  2. アプリにより、以下の対応に分かれます
    • eお薬手帳の場合、受付事務がQRコードを提示致します。アプリから読み込んで下さい
    • QRコードを読込めないアプリの場合
      • ワンタイムパスワードをお伝えください
      • 投薬時に薬剤師に電子お薬手帳をご提示ください。

アプリのダウンロード

お薬手帳について

お薬手帳とは、薬の名前・飲む量、過去にかかった病気、アレルギーの経験などを記録する手帳です。

医師や薬剤師に見せることで、薬の情報が医療関係者に正しく伝わり、同じ作用の薬がかぶったり、良くない飲み合わせが避けられたり、治療をする際の役に立ちます。

患者さんが薬の情報を知っていただくこと、まわりに正しく伝わることが、安心・安全な医療につながります。

お薬手帳 5つのいいこと

その1 医療機関にかかる時は、必ず持って行きましょう

  • 薬の重複や良くない飲み合わせを未然に防止できます
  • 同じ薬による副作用の再発を防止できます
  • 薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます

その2 言いたい事や伝えたい事を書いておきましょう

  • 体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書いておきましょう

その3 一般用医薬品(OTC医薬品)・健康食品・サプリメントも記録してください

  • 思いがけない、良くない組み合わせ・食べ合わせが見つかることがあります

その4 いつも携帯・いつも同じ場所に保管してください

  • 旅行先で病気になった時や災害時に避難した時、救急の時など、お薬手帳があれば、飲んでいる薬を正確に伝えられます
  • 家族の方にも、お薬手帳を持っていることを知らせておきましょう

その5 1冊にまとめましょう

  • 飲んでいる全ての薬を「1冊で」記録することが大切です。病院や薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう

電子お薬手帳について

現在、全国的にお薬手帳の電子化が進んでいます。

日頃から携帯しているスマートフォンに、電子お薬手帳のアプリを入れることで、「お薬手帳」として活用することができるからです。
この電子化の流れは、国が掲げた「どこでもMY病院構想」から始まったもので、いつでも・どんな状況でも最適な医療を受けられることを目指しています。
以前は、異なる電子お薬手帳サービスの情報を、相互に閲覧できないことが問題となっていました。
しかし、日本薬剤師会が提供する仕組み「e薬Link(イークスリンク)」により、この点も改善され、更なる普及が見込まれています。

電子お薬手帳には、いろいろと便利な機能がついています。是非、ご自身の健康管理に、活用してください。

日本薬剤師会e-お薬手帳について 電子お薬手帳相互閲覧サービス e薬Link(イークスリンク)

災害などの緊急時にも

「eお薬手帳」は、災害時にお薬手帳を持ち出せなかった時でもスマートフォンに保存しておくことで、服用中のお薬の情報を正確に知ることができます。
また、医療機関や薬局などで「どんな薬を飲んでいるか」と聞かれてもすぐ情報を取り出すことができ、重複投与や相互作用のチェックがやりやすくなるなど、患者さんにとってさまざまなメリットが生じます。

まとめて、いつでも確認

時間がたつほど増えていくお薬の情報。複数の医療機関にかかるとすぐにいっぱいになってしまいます。
その点「eお薬手帳」なら、長期の履歴をためておくことが簡単です。あなたのお薬の履歴をすべてまとめることも可能です。

お使いのスマートフォンで

今ご使用のスマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、ICリーダーライターにかざしたり、QRコードを読み取るだけでお薬の情報を簡単に取り込むことができます。

  • おサイフケータイは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • Felicaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。