むつみ薬局は、健康状態の気になる方が気軽によれる「健康サポート薬局」です。

Self-medication ~ Health for all ~
みなさまの「健康的なライフスタイル」をサポートします

【健康管理支援】

むつみ薬局では、地域のヘルスケア拠点として「健康管理支援サービス」を導入しています。
IDカードの登録でご利用いただける内容

  1. 血圧
  2. 体組成
  3. 歩数計データです。最大3年分の個人データを管理し、携帯・パソコンなどからいつでも健康数値を確認できます。また薬剤師が、血圧対策・ダイエットなどに関し、アドバイスや受診勧奨も実施しています。

おすすめの方:ご自身の健康状態が気になる方・普段忙しく受診する機会がない方・フレイル対象の方など

【フレイルについて】

年齢を重ねることで、筋力や気力が低下している状態(健康状態とサポートが必要な状態の間)を指します。フレイルの基準には、Fried博士の評価方法を採用しています。
基準は5項目あり、3項目以上該当で「フレイル」、1~2項目の場合はフレイルの前段階である「プレフレイル」と判断します。

ア) 体重減少:
半年間で、2~3kg以上の意図しない体重減少
イ) 疲れやすい:
(ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする
ウ) 歩行速度の低下:
通常歩行速度 < 1.0m/秒
エ) 握力の低下:
男性 < 26kg  女性 < 18kg
オ) 身体活動量の低下:
① 軽い運動・体操をしていますか?
② 定期的な運動・スポーツをしていますか?
上記の2つの質問にいずれも「していない」と回答

※ フレイルには、体重減少や身体的な変化だけでなく、気力の低下などの精神的な変化や社会的なものも含まれます。

健康管理支援サービスのご利用方法と流れ

健康管理支援サービスIDカードサンプル

健康管理支援サービスIDカードサンプル

IDカードのご登録をお願いいたします。
IDカードを作成することで、むつみ薬局での検査・測定が可能になります。バーコードを読み取り機にかざし、薬剤師・利用端末の指示にしたがって「体組成」「血圧」などを測定します。
測定結果は、IDカードに記載されたID・セキュリティーコード(またはパスワード)の認証でその場で薬局内のタブレット画面などでご確認いただけます。
また、測定結果は3年分蓄積できますので、体調の変化があった場合など医師や薬剤師などの専門家にご相談ください。

むつみ薬局で実施している測定項目

血圧計(血圧・脈拍数)、体組成(体重・体脂肪率・基礎代謝・BMI)、活動量計(歩数・消費カロリー)、ヘモグロビン(貧血チェック)、握力、禁煙サポート(CO濃度・COHb%)、スパイロメーター(肺年齢・FEV1・FEV6)、唾液検査(口腔内環境)、体温

※ 料金のかかる検査項目と無料で実施している検査があります、詳しくは薬局までお問合せください

健康的な選択を、よりやさしい選択に
Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity

むつみ薬局は、処方せんをお持ちでなくても気軽に来局し、健康チェックできる薬局です。検査結果により薬剤師が受診勧奨する薬局として地域の皆さんをサポートします。

検体測定は、健康意識を高め、健康維持・増進に貢献することができます。

薬局における検体測定の目的は、「国民の健康意識の醸成や医療機関受診の動機付けを高める観点から、受検者が自ら検体を採取し、測定結果について受検者が判断することで、健康管理の一助となる」ために支援することです。(検体測定室ガイドライン)

「診察」「診断」「治療」「健診」は、医学的判断、医療行為、保健指導等に関わるもので、薬局では実施しておりません。(特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準(平成19年厚生労働省令 第157号))

検体測定室

検体測定室

自己穿刺により採取した血液をもとに、糖尿病・脂質異常症・高血圧といった生活習慣病に関係のある項目を検査できるスペースが、「検体測定室」です。
健康管理が重視されている時代ですが、多くの方が自分は病気にならないと考えているため、自覚症状がないままに進行することも珍しくありません。健康維持のためには年齢にかかわらず、見えない体のサインに、いち早く気づくことが大切です。むつみ薬局は「検体測定室」の設置を通じて、セルフケアの意識を高め、健康寿命の延伸を実現させたいと願っています。

※自己穿刺による「検体測定」は通常の健康管理支援サービス(IDカードによる情報管理サービス)とは異なります。また、ご利用の際には別途受付が必要となります。

検体測定のご利用方法と流れ

HbA1c検査ご自身で採血した血液をもとに、わずかな時間でいろいろな検査ができます。

  1. STEP1薬剤師から事前説明

    薬剤師が検査項目、検査方法などくわしくご説明します。

  2. STEP2ゆびさきで自己採血

    安全性の高い、使い捨てタイプの穿刺キットを使って、ご自身で採血します。

  3. STEP3測定器で血液分析

    薬剤師が専用の測定器にセット。分析の間、結果を待ちましょう。

  4. STEP4約6分後に測定結果

    測定結果を受け取り、測定値とその見方を確認しましょう。
    ※HbA1cの場合

むつみ薬局で実施している検体測定項目

検体測定(血液):HbA1c、脂質(TG・HDL-C・LDL-C)

※ 測定される方の体調などによっては、実施できない場合がございます。詳しくは、薬局までお問合せください。

むつみ薬局で使用している穿刺キット

ニプロLSランセット25G【医療機器認証番号:224AABZX00195000】むつみ薬局で使用している穿刺キットは1回限りの完全使い捨てタイプです。本体が透明なので使用前後が一目でわかります。(ニプロLSランセット25G【医療機器認証番号:224AABZX00195000】)


先頭へ戻る